初期設定

スポンサーリンク

ユーザー関係

例)一般ユーザー:neko

1.一般ユーザーの作成

[root@miracle ~]# useradd neko
[root@miracle ~]# passwd neko
ユーザー nekoのパスワードを変更。
新しいパスワード:                       (表示されないけど、パスワード入力)
新しいパスワードを再入力してください:  (表示されないけど、パスワード入力)
passwd: 全ての認証トークンが正しく更新できました

2.一般ユーザーの削除

[root@miracle ~]# userdel -r neko

3.自分のパスワード変更

[neko@miracle ~]# passwd
ユーザー neko のパスワードを変更。
Current password:                          (表示されないけど、現在のパスワード入力)
新しいパスワード:                          (表示されないけど、パスワード入力)
新しいパスワードを再入力してください:      (表示されないけど、パスワード入力)
passwd: すべての認証トークンが正しく更新できました。

4.指定したユーザーのパスワード変更

[root@miracle ~]# passwd neko
ユーザー neko のパスワードを変更。
新しいパスワード:                          (表示されないけど、パスワード入力)
新しいパスワードを再入力してください:      (表示されないけど、パスワード入力)
passwd: すべての認証トークンが正しく更新できました。

5.rootになれるユーザーは管理者のみにする

[root@miracle ~]# vi /etc/pam.d/su
auth       required     pam_wheel.so use_uid  ※先頭の#を削除

viの使い方はここが参考になると思います。⇒ 『管理者の第一歩、viのススメ

6.一般ユーザーnekoにrootになれる管理者権限を与える

[root@miracle ~]# usermod -G wheel neko

7.一般ユーザーからrootになれるか確認

[neko@miracle ~]$      ← 一般ユーザー
[neko@miracle ~]$ su - ← 【大事】- 忘れずに
パスワード:       ← rootのパスワード応答

[root@miracle ~]#      ← root
[root@miracle ~]# exit 
[neko@miracle ~]$      ← 一般ユーザー

大事】suの-オプションはnekoの環境を引き継いでrootになれます、-オプションを付けないと環境を引き継がないので、コマンドパスが通っていなくて実行出来ないとかが起きてしまうので、絶対付けてください!

大事な事は2度書きます!

パッケージ管理システム設定

1.念の為に、インストール済みのパッケージをアップデート

[root@miracle ~]# dnf -y update    ※凄く時間掛かります

2.ベース、開発ツールパッケージ群インストール

[root@miracle ~]# dnf -y groupinstall base
[root@miracle ~]# dnf -y groupinstall development
[root@miracle ~]# dnf -y groupinstall network-tools

3.パッケージ自動更新設定

[root@miracle ~]# dnf install -y dnf-automatic dnf-utils

[root@miracle ~]# cp -a /etc/dnf/automatic.conf{,.org}
[root@miracle ~]# sed -i -e 's/^apply_updates = no/apply_updates = yes/' /etc/dnf/automatic.conf

[root@miracle ~]# systemctl start dnf-automatic.timer

[root@miracle ~]# systemctl enable dnf-automatic.timer
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/dnf-automatic.timer → /usr/lib/systemd/system/dnf-automatic.timer.

[root@miracle ~]# systemctl status dnf-automatic.timer
● dnf-automatic.timer - dnf-automatic timer
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/dnf-automatic.timer; enabled; vendor>
   Active: active (waiting) since Sun 2022-09-11 09:17:59 JST; 3 days ago
  Trigger: Thu 2022-09-15 06:37:28 JST; 20h left

 9月 11 09:17:59 miracle.miracle-serv.website systemd[1]: Started dnf-automatic timer.

SELinuxの無効化

[root@miracle ~]# getenforce ← SELinux状態確認
Enforcing ← SELinux有効

[root@miracle ~]# setenforce 0 ← SELinux無効化

[root@miracle ~]# getenforce ← SELinux状態確認
Permissive ← SELinux無効

[root@miracle ~]# vi /etc/sysconfig/selinux ← SELinux設定ファイル編集
SELINUX=enforcing
↓
SELINUX=disabled ← システム起動時にSELinuxを無効化

ファイアウォール停止

ルーターでブロックしてるので、サーバーのファイアウォール要らんなーって時に設定

[root@miracle ~]# systemctl stop firewalld   ← ファイアウォール停止
[root@miracle ~]# systemctl disable firewalld ← ファイアウォール自動起動解除

dnf用リポジトリ追加

1.PowerTools リポジトリ導入

MiracleLinux8.4で新しく加わったリポジトリだそうです。詳しくは⇒ここ

先ずは、リポジトリのアップデート

[root@miracle ~]# dnf update miraclelinux-repos

PowerTools は、以下のようにリポジトリを有効化することで利用が可能

[root@miracle ~]# dnf config-manager --set-enabled 8-latest-PowerTools
[root@miracle ~]# dnf module enable javapackages-tools:201801

HighAvailability も推奨らしい

[root@centos ~]# dnf config-manager --set-enabled 8-latest-HighAvailability

2.EPELリポジトリ導入

 本家のリポジトリは安定稼働に重点を置いてるらしく、割と古いパッケージが多いそうです。
 なので、EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)と言う、Fedoraプロジェクトの有志がビルド
 したRed Hat Enterprise Linux (RHEL) 系Linuxディストリビューション向けオプションパッケージ群
 使うみたいです。

[root@miracle ~]#  dnf -y install https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm
[root@miracle ~]# rpm -qa | grep epel 
epel-release-8-17.el8.noarch

他リポジトリとのパッケージの競合をさけるため、普段は読まないように設定

[root@miracle ~]# sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/epel.repo

EPELリポジトリを使用してインストールする場合

[root@miracle ~]# dnf --enablerepo=epel install [パッケージ名]

3.Remiリポジトリ導入

何か、便利なパッケージが使えるリポジトリらしいですので導入します。

[root@miracle ~]# dnf -y install https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-8.rpm
[root@miracle ~]#  rpm -qa | grep remi
remi-release-8.6-1.el8.remi.noarch

これまた他リポジトリとのパッケージの競合をさけるため、普段は読まないように設定

[root@miracle ~]# sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/remi-safe.repo

Remiリポジトリを使用してインストールする場合

[root@miracle ~]# dnf --enablerepo=remi-safe install [パッケージ名]
タイトルとURLをコピーしました